クラミジアは、国内に100万人を超える感染患者が存在し日本で最も感染患者の多い性病とされ、治療には多くの医療機関で抗生物質のクラビットやジェネリック医薬品のレボクインが処方されています。
クラビットは、ニューキノロン系合成抗菌薬レボフロキサシンを主成分とするDNAジャイレース阻害薬であり、クラミジア・トラコマチスの感染に起因する尿道炎や前立腺炎及び精巣上体炎などの治療に用いられている治療薬です。

クラビットは、適応症の病原菌の2重鎖DNAを同時に切断と再接合する作用によりDNAの複製や組み替え及び修復を行うと共に正常な立体構造を維持する役割を担っている酵素DNAジャイレースの作用を阻害する医薬効果を発揮し、病原菌は酵素DNAジャイレースを阻害する事でDNAの複製効率が低下させるだけで無く正常なDNAの複製効率も低下させる事で殺菌的な抗菌効果を発揮します。
また、クラビットは、適応症の病原菌のDNA複製後にDNAの2重鎖の絡み付きを切断と再接合で正常に修正する事で正常なDNAの分配を担っている酵素トポイソメラーゼ4型の作用を阻害し、病原菌の増殖を抑制する医薬効果を発揮する治療薬です。

クラビットの服用方法は、主成分レボフロキサシン換算で500mgを1日1回の服用し、クラミジアの治療においては症状に合わせて7日間~14日間程度継続服用します。
クラビットは、最高血中濃度が高い程抗菌効果が増強される濃度依存型薬物である事と耐性菌の出現を抑制する目的から1日の服用回数の多い時間依存型薬物とは異なり1回の用量が500mgと高用量となっている特徴があります。
クラビットは、発疹や頭痛、腹部不快感などの比較的な軽度な副作用症状がほとんどですが、感染患者の既往歴や体質及び体調によっては横紋筋融解症や偽膜性大腸炎、間質性肺炎などの重篤な副作用を発症する感染患者がごく稀にあり、服用により副作用を発症した際には服用を速やかに中断して医師に相談する必要があります。

クラビットジェネリックのレボクインを使うと安価です

レボクインは、ニューキノロン系抗生物質レボフロキサシンを主成分とするクラミジア感染症の治療薬であり、クラビットのジェネリック医薬品として多くの医療機関で処方されている治療薬です。
ジェネリック医薬品のレボクインは、クラビットのレボフロキサシン含有量250mg及び500mgの薬価234.2円及び415.7円に対して、レボフロキサシン含有量250mg及び500mgの薬価が94.4円及び169.9円とクラビットの薬価の約4割程度と非常に安価に設定され、14日間の継続服用で少なくとも薬代3,400円以上の節約が可能です。

レボクインは、抗生物質レボフロキサシンを主成分とするクラビットのジェネリック医薬品であり、クラビットと同様に病原菌のDNAの切断と再接合を担う酵素DNAジャイレースとトポイソメラーゼ4型の作用を阻害する医薬効果で病原菌の増殖を抑制すると共に完治させます。
服用方法は、クラビットと同様に濃度依存型薬物のレボフロキサシンを主成分としている事と病原菌の耐性獲得を予防する観点から高用量のレボフロキサシン500mgを1日1回服用し、医師の指示で1週間~2週間程度服用を継続します。
レボクインは、薬価がクラビットの約4割程度と安価なだけで作用機序も用法用量に違いの無い安全性の治療薬です。
副作用は、レボフロキサシンを主成分としているので先発薬のクラビットと同様の症状が発症するリスクがあり、主に腹痛や腹部不快感、発疹などの症状が現れ、皮膚の弱い人や長期服用患者には皮膚に発赤や水疱が現れる光線過敏症を発症する事があります。
レボクインは、抗菌効果の高い抗生物質なので感染患者の既往歴や体質及び体調によっては横紋筋融解症や偽膜性大腸炎、間質性肺炎などの重篤な副作用を発症するリスクもありますが、クラビットと同様に重篤な副作用の発生頻度は非常に低く安全性の高い治療薬です。